仁田山城

 ◆仁田山城
余湖くんのホームページ様より

   仁田山城は、南北朝時代に築かれた城であったという。城主は山田吉之であったと
   伝えられる。その後、観応の擾乱の際には、山田筑後守則之が守っていたが、
   桐生国綱によって攻撃された滅ぼされてしまった。

   室町時代中期になると、二階堂行旨が、足利義政から仁田山郷を与えられ、家臣
   であった里見家連が当地域に入部した。この里見氏は、安房の里見氏の同属で
   あったと思われるが、一族が二階堂氏の家臣となっていたのであろうか。
   (『城郭体系』では里見義堯の叔父の里見実堯であったとするが、
                        これは明らかに間違いである。)
   nitayama06.jpg  nitayama05.jpg


   元亀元年には城主の里見氏が桐生氏に攻撃され、谷山城に脱出するという事件が
   あったと言われるが詳細は分からない。天正2年には上杉謙信によって攻略された
   とも言う。

   さらに時代が下って天正6年、当地域は由良国繁によって攻略された。

   以上は『城郭体系』での解説を矛盾なくまとめたものなのであるが、里見氏との
   関連と言い、どうも分からないことが多い。しいて言うなら、安房の里見氏とは
   違う里見一族が二階堂氏の家臣として仁田山城主となり、後に桐生氏に滅ぼされて
   しまったということになるのであろうか。

 ◆仁田山城
箕輪初心●群馬【仁田山城&谷山城&皿窪砦】&『里見一族』

 【太田:犬&スキー&ハイキングの会】の2012年のスキーは終わり
   ハイキングになった。第1弾は【鳴神山】である。
   私は、桐生川内町駒形09:00集合というので、その前に、
   仁田山城=石尊山を計画した。富岡武蔵さんのブログでは、
   赤城大明神が登山口で、ほかのHpでは、栃久保ダムを登
   山口であった。しかし、大手口からの登山を考えた。きっと
   二人とも大手道ではないだろうと思ったからである。

  nitayama07.jpg  nitayama08.jpg 
  (★右の山が仁田山城・左は谷山城)

   nitayama09.jpg  nitayama10.jpg
   ★桐生川内町5丁目三堂坂  今は川内町5丁目町内会の広場になっている。
   07:50 ① 仁田山城居館跡地=蓮慶寺庚申堂・・三堂坂のバス停の横。

  ○道反対の家の方・・・親切だった。
  ・「三堂坂・・・不動堂、薬師堂、蓮慶寺庚申堂だ。」と教えて下さった
  ・集落からと、棒ノ谷戸の赤城神社よりの登路がある。
  ・栃久保ダムに向かって、50mの所の水道の黄色マークの右が登山道
   であると連れて行って下さった。
  ・「正面の山は「谷山砦」で5月5日に7人で、崩れた
   石祠を直しに行った。」とおっしゃっていた。
  ・「案内人がいないと難しい。」と言われたが・・・。
  ★山頂が主郭と分かれば、攻め方はいろいろだ。私は、大手門から攻めることにした。

  ○車移動・・・三堂坂を左に3軒目脇に車を止める。
  「仁田山城は栃久保城とも言われている。仁田山城址は石尊宮を祀るようになって
   石尊山と呼ばれるようになった。」

   nitayama11.jpg  nitayama12.jpg
  (★山崎一氏の縄張り図)  ②08:00 大手口・・・三堂坂からダム方面に50mを右折。

   nitayama14.jpg  nitayama13.jpg
   ③08:05 石の祠3体

   nitayama15.jpg  nitayama16.jpg
   ④08:10 尾根歩き・・松などの倒木が凄い。  ⑤08:15 鉄の鳥居

   ひどい薮であるが、登路が見つかる。急斜面 道なし。枯れ葉の斜面をよじ登る。
   しかし、かすかに踏み跡があった。

   倒木を潜り、倒木を跨ぎ越え、落葉に埋まった道の跡を行った。

   nitayama17.jpg  nitayama18.jpg
   ⑤08:30 本丸南東の三の郭(仮称)青銅の梵鐘が目に入る。
   ここは既に頂上直下だ。虎口に釣り鐘=梵鐘・・・思いっきり、3回叩いた。 
   倒木で荒れている。

   祠が3体 ここが石尊宮の境内だ。★名前の由来である。
   左に大天狗の石祠・・・不動尊である。
   右に小天狗の石祠・・・
   奥に石尊宮の石祠・・・

   nitayama19.jpg  nitayama20.jpg
   nitayama21.jpg  nitayama22.jpg
   ⑥08:32本丸南東の二の郭(仮称)  ⑦08:40 本郭=主郭跡・・・南北に細長い形状。
                     20m×40m? 

 

  ●本丸から西尾根へ
   nitayama23.jpg nitayama28.jpg
                   ⑧堀切①
  ※縄張り図には、3つの堀切跡がある。堀切=空壕がある。

   nitayama26.jpg  nitayama25.jpg
  ⑩堀切り②

  
  ⑪北西の小規模な五の丸跡・・10m×15m 
  ○ヤマツツジの群落を通る。
  ⑫堀切り③
  ○ヤマツツジの群落を通る。
  ⑬峠・・・仁田山城&谷山城の境の峠

   nitayama27.jpg

   大間々の小平から三堂坂への峠道である。
  ★大間々にある里見の城:高津戸城=要害山に通じる脇道なのであろう。
  ①本道・・・南回りの道
  ②脇道・・・延命寺からの大間々小平への道
  ③脇道・・・三堂坂からの大間々小平への道

  • 最終更新:2016-06-12 22:20:19

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード