仁科盛国(平姓仁科氏)の子青柳清長を祖とする青柳氏


   信州青柳城(長野県東筑摩郡筑北村坂北)
   青柳頼長は上杉景勝に従い、信濃府中を回復した小笠原貞慶と青柳城・麻績城を
   争い、後に和議を結んだが、天正15年(1587年)には深志城(松本城)で
   誅殺され、青柳氏は滅亡した。

  ・本家筋は滅亡したと思われるが、武田氏に従い真田氏とともに
   中之条へ住み着いた青柳氏がある。

  ・藤岡市本動堂に、天正15年の滅亡の時逃れてきたと見られる青柳氏がある。

   これらはいずれも、青柳清長を祖とする同族である。

  • 最終更新:2017-05-03 13:55:55

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード