古代上毛国と石上氏

古代上毛国と石上氏

古代上毛国と石上氏・・・「上毛かるた」の中に「昔を語る多胡の古碑」があることは、上州生まれの人に、なじみ深く知れている。さて、この碑文について戦国期の連歌師宗長は、その記録「東路の津登」の中で「長野氏の姓は石上であり、多胡碑に見える石上尊がその祖である」と語っている。
     tagohi02.jpg     tagohi01.jpg

 さらに宗長はこの他に「布留社あり」と記しており、布留社の本社は古くから物部氏が祀る石上神宮である。長野氏が、浜川の道場に移る前は、御布呂(布留)にいたが、石上神宮を祀っていたからであり。石上寺はその別当寺であろうとしている。
    sinobuke01.png    minowa_nagano_kondo01.jpg  

 また、数ある長野家系図の中には、「石上朝臣長野上野介始めて石上性を賜る、在原姓を改め石上姓の元祖也」とある。以上のこれらは 「箕輪城と長野氏」(近藤 義雄氏著 戎光祥出版 以下「箕輪城と長野氏」)より引用したものである。そこで、これから上毛国と長野氏の先祖とされる石上氏について探ってゆくことにする。
 

群馬の古代と毛野氏・車持氏・石上氏

  • 群馬の古墳時代・・・「しのぶ毛の国ふたご塚」これにあるように群馬県は、東国において有数の古墳文化を誇る県である。神話の昔、日本武尊(ヤマトタケルノミコト)は、遠征の帰りに失った妻のことを思い出しては、東の方を向いて嘆き悲しんだ。そして、碓日坂においてその東側の土地を「吾嬬(あづま)」と呼んだと云う。後になって東海道足柄峠、東山道碓氷峠の坂より東の地域を「坂東(ばんどう)」と呼ぶようになり、蝦夷征伐の後方拠点としての役目を果たすようになった。

  • 車持君与志古娘(よしこのいらつめ)・・・※車持与志古娘説、「実は天智天皇の皇子と云々、内大臣大職冠鎌足の二男一名史、母は車持国子君の女、与志古娘也、車持夫人」。竹取物語のなかに、①車持皇子(くるまもちのみこ)=右大臣:藤原不比等とする説。②納言大伴御行・・・伴大納言絵詞がある。③中納言石上麻呂=左大臣:石上麻呂が登場する。


上野3碑

  • 多胡の古碑文・・・上野3碑の中で、多胡の古碑には、石上の性が刻まれている。これを現代語訳すと次のようになる。「弁官局からの命令である。上野国の片岡郡・緑野郡・甘良郡の三郡の中から三百戸を分けて新しい郡を作り、羊に支配を任せる。郡の名前は多胡郡とせよ。これは和銅4年3月9日甲寅に宣べられた。左中弁・正五位下多治比真人。太政官・二品穂積親王、左太臣・正二位石上尊、右太臣・正二位藤原尊。」(「箕輪城と長野氏」より)

  • 上野3碑と多重塔・・・★上毛3古碑を年代順に追うと、以下のようになる。
    • ①681年の高崎市山名:山上碑・・・放光寺の僧:長利が、自分の系譜を記し、母の黒売刀自を供養したものである。
    • ②711年の高崎市吉井:多胡碑・・羊(ひつじ)という渡来人が東国移住し、 多胡郡を建郡・・・朝廷は羊に支配を任せる。
    • ③726年の高崎市山名:金井沢碑・・・・石碑を建てて神仏に誓った。=先祖供養の仏教碑なのである。群馬への仏教の伝来が東大寺・国分寺建立以前にあったことを意味している。
    • ④801年の山上多重塔(群馬県みどり市山上)道輪という僧が、朝廷や衆生の安楽のために法華経を安置する塔を建てたものである。平安時代初期の東毛ねの仏教文化伝来を知る上で、重要である。
★今回は4碑を1ヶ所にまとめてみた。

  • 世界記憶遺産を目指す上毛3碑・・・熊倉先生は「趣旨は山上碑・多胡碑・金井沢碑を世界記憶遺産にしましょう。そのためには、上毛3碑を読み、内容を理解し、・・・。」と おっしゃった。はじめにいきなり、「5分で碑文の漢字を書いてね。」から始まった。3碑について、熊倉先生の独自の解釈は非常に納得しえる。オリジナリティがあって感動した。山上碑・金井沢碑は賛同者が多いだろう。

  • 山ノ上の碑・・・箕輪初心■「山ノ上の碑」=日本で2番目に古い碑。
 ■訪問記・・・高崎山名丘陵コース(高崎自然歩道)の散策の一貫である。
 ①金井沢の碑(726年) ②山名八幡宮 ③山ノ上の碑(681年)
 ④山名城 が目的である。山名八幡宮を後にし、山ノ上の碑に向かった。
 途中、「マムシ注意の看板」があった。10分程で山ノ上の碑に着いた。
 山ノ上の碑(国史)・古墳・33観音があった。万葉歌碑27基あるそうだ。

  • 金井沢の碑・・・箕輪初心●群馬金井沢の碑=群馬の地名の由来、古碑は群馬県に4つある。
 ①山ノ上碑 ②金井沢碑 ③多胡碑 ④山上多重塔である。
 金井沢碑の碑文には、『神亀3年(726年)』に建立の銘があるので
 奈良時代のことである。
  また、『上野國群馬郡』とあるので、初の文字による「群馬」ということになる。
 そして、『下賛』(しもさぬ:現高崎市下佐野町)の朝廷の屯倉の関係者が先祖
 両親を供養する為に建碑した』とあるので、群馬への仏教の伝来が東大寺建立以前
 にあったことを意味している。→貴重な文化財なのである。
  

  • 最終更新:2016-05-30 15:54:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード