大久保の砦

 ◆大久保の砦(石井讃岐館・高崎市榛名町中室田字大久保)
余湖くんのホームページ様より

   中室田の大山祇神社の北東側部分が大久保の砦跡と言われているところである。

    ookubo10.jpg  ookubo09.jpg
   石井讃岐の居館があったと言われる部分は、現在も石井家のお宅となっている。

   ※十二家客分大身小身知行地方持衆(高家) 筆頭 石井左京大夫讃岐守信房 

   現地を訪れてみると、大山祇神社のある位置がなかなかの要害地形であり目立っている。
   地形なりに三段に造成されている。ただし面積は狭隘であり、神社の建物を置くのが
   やっと位のスペースしかない。明らかに神社の敷地として造成された部分であるが、
   往時はここは物見などに利用されていたであろうか。南側の低地から城址方向に進入
   していく際に、この神社のある高台からは、侵入者を攻撃しやすい。この間の部分が
   関門として想定されていた可能性は高いであろう。

   実際の館跡と想定されているのは、石井家のある平場である。平場の下は6mほどの
   石垣になっている。もっとも往時は石垣などなかったであろうが、急峻な土手が館部分
   を守っていたのに違いない。

   この石井家は城主石井讃岐のご子孫の家系であるようで、そうした意味からも、この
   お宅のある部分が館の跡であったとみてよさそうである。

   このように南側からの守りには固い大久保砦であるが、北側の山稜部分からは特に
   防御施設はない。北側からの攻撃は想定外だったのであろうか。そういう意味では、
   大久保砦は「砦」や「城」というよりは、居住のための「居館」のイメージの方が
   強い城館である。

  大久保の砦
   縄張りとかの画像がないのでどこをどう見たらよいか分らなかった。

    ookubo01.jpg  ookubo02.jpg

    ookubo03.jpg  ookubo04.jpg

    ookubo05.jpg  ookubo06.jpg

    ookubo07.jpg  ookubo08.jpg

  • 最終更新:2017-09-16 00:26:46

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード